帰省のお供にコーヒー

今日は朝から帰省の土産にとコーヒー豆を買ってってくださるかたが続きました。
正月に故郷のご家族にコーヒーを淹れてあげたいということでしょう。素敵なアイデアだと思います。
そういうわけで、正月の帰省土産にオススメのコーヒー豆をFacebookに投稿しかけたのですが、5行以内&150文字以内におさまりそうになかったので、ブログのほうに書くことにしました。

【はじまりのコーヒー】

まずオススメしたいのはエチオピアです。
コーヒーはエチオピア発祥で、それがイエメンに伝わって栽培が始まりました。それが世界各地の生産地に伝わっていきます。つまり、全てのコーヒーのはじまりはエチオピアです。
「一年のはじまり」にふさわしいコーヒーだと思い、店主も毎年最初の一杯はエチオピアと決めています。

coffee ceremony

Have a cup of coffee ♪
エチオピアのコーヒーセレモニーより。

【旬なコーヒー】

それ以外では、やはり「今が旬」のコーヒーがいいと思います。南半球の産地のコーヒーが秋から冬にかけて日本に入って来ますので、それらから選ぶというのも良いと思います。
当店ですと、ルワンダ。あと、東ティモールも夏に収穫されたものが早くも入って来てますので、このあたりがオススメです。

完熟したコーヒーチェリーをピックアップすることが美味しいカップにつながります。

入港したての東ティモール レテフォホはいかが?

以上、ご参考までに。
コーヒーが一家団欒のひとときに役立てば嬉しいです。

コーヒー豆 「東ティモール レテフォホ 15/16」フルシティロースト提供開始のお知らせ

12/6からハイローストの焙煎度で提供しておりました「東ティモール レテフォホ 15/16」ですが、本日からフルシティローストでも焙煎&提供をはじめました。

素材が同じでも、焙煎度が異なりますので、味も全く別物となっています。
ハイローストのほうも継続しますので、お好きな方をお選びいただけます。

どうぞよろしくお願いします。

1

1

許容範囲

個人店をやっていると、毎日のように向き合っていくことになるのが許容範囲です。
うちの場合はコーヒー豆とベーグルを自店で作っているので、この2つの品質がお客様に出せる許容範囲内にあるのかを日々問い続けて営業しています。
P1050701

ベーグルは妻と二人で許容範囲にあるか否かを判断します。一方、コーヒーは妻は飲まないから自分一人で決めます。

零細個人店に企業のような「社内レビュー」とか「上司の判断をあおぐ」とかは当然ありません。
お客様による受入検査もありません。飲食料品ですので、品質が良くないと、口にしたお客様ががっかりして、信頼を失って終わることになります。

昨日はとあるコーヒー豆の煎り止めタイミングが少し早まってしまいました。豆の外観(色、シワの伸び具合)は許容範囲におさまっているように感じたのですが、数時間置いてから香味をテストした結果、NGとしました。
lemongrab-unacceptable

材料費も、準備&焙煎に費やした時間も無駄になるので、バッサリNGにするのは、正直なところ、ためらいます。

でも、その後、焙煎し直した豆をお客様にお渡ししていると、バッサリいってよかったなと思います。堂々とお渡しできますもん。多少の損失が有っても、うしろめたさが無いほうが気分スッキリです。

とはいっても高級生豆3Kgの損失は痛いので、当分は食費を節約して補填することにします。そういうわけで冒頭のオートミールでした。

同じことをやらかしてたら「学習能力の無いやつ」になってしまいますので、許容範囲を外さないように、しっかり対策を練って明日からやっていく所存です。

コーヒーセッション (ハンドドリップ抽出編) 開催のお知らせ (2016年1月)

昨日をもちまして、今年のコーヒーセッションの受付は終了しました。
お申し込み&ご参加いただいたかた、どうもありがとうございました。

2016年も継続していきますので、どうぞよろしくお願いします。
(1度参加されたかたは、内容は同じですので、繰り返し参加していただく意義はあまり無いと思います。)

早速ですが、来月の「コーヒーセッション (ハンドドリップ抽出編)」の開催日程をお知らせします。

日にち: 1/12(火), 1/26(火)
時間: 10時-11時,14時-15時の1日2回開催です。

既にセッションのページから申し込み可能となっていますので、よろしくお願いします。

イベントのお知らせはニュースレターでもお知らせしています。よろしければコチラからご登録ください。

ハンドドリップで淹れる内容です。

ハンドドリップで淹れる内容です。

コーヒー豆「グアテマラ ヌエバ・グラナダ 14/15」提供終了のお知らせ

グアテマラ ヌエバ・グラナダ 14/15 は本日焙煎した分が無くなり次第、提供終了となります。

当店では焙煎から7日後までしか提供しないことをポリシーとしていますので、完売しない場合も12月27日で終了です。

どうぞ最後までよろしくお願いします。

which-is-guatemala

コーヒー豆「ケニア タンバヤ 15/16」提供開始のお知らせ

本日から「ケニア タンバヤ 15/16」を提供開始します。「パナマ ハートマン」との入替えです。
焙煎度はシティローストです。

ご購入量 価格
100g 600円
200g 1,160円 (100gあたり580円)
500g 2,800円 (100gあたり560円)

久しぶりのケニアです。どうぞよろしくお願いします。

タンバヤ・ファクトリー

タンバヤ・ファクトリー

コーヒー豆: ケニア タンバヤ 15/16

【基本情報】
エリア 中央州 ニエリ県
標高 1,500m
生産者 ルムキア生産者組合
クロップ 15/16
加工方式 ウォッシュト
品種 SL28, SL34
認証

今や世界最高とも呼ばれるコーヒー生産国ケニア。その中でも高い評価を得ているニエリ地区にあるルムキア生産者組合が作るコーヒーです。

ルムキア生産者組合

ルムキア生産者組合

農業手法を良く教育された生産者が栽培、収穫したコーヒーチェリーは、果実のまま加工場に集められ、生豆に一括で加工されます。この加工場の良し悪しが生豆の品質に大きく影響します。
このコーヒーはアバーデア国立公園の近くにあるタンバヤ・ファクトリーで加工されています。立地から来る生態系や自然の豊かさが特徴的なファクトリーで、世界のトップファクトリーになる事を目標に、高い生産意識と環境への愛情を持ってコーヒーの生産に従事しています。

タンバヤ・ファクトリー

タンバヤ・ファクトリー

コーヒー豆 ギフトセット

コーヒー豆ギフトセット (コーヒー豆の代金 + 500円 ※送料別)
コーヒーが好きなあの人へ。コーヒーづくしのギフトセット。
提供価格
コーヒー豆の代金 + 500円
内容
コーヒー豆 (250g) 3種類 (豆か粉かお選びいただけます)
お選びのコーヒー豆によって3,500円~4,800円ぐらいのギフトになります。

自家焙煎コーヒー豆 ギフトセット
袋の破裂を防ぐため、コーヒー豆から発生する炭酸ガスを外に逃すことができる特殊な袋を使用します。

P1050669
ご要望に応じて、熨斗(のし)は簡易な短冊形のものを貼らせていただきます。
ご注文後にPCで作成しますので、お時間をいただけますようお願いします。

コーヒーギフト
帯による簡易包装です。

街の焙煎屋目線でのCOP21パリ協定

12日にCOP21でパリ協定が採択されました。まだ具体的にはこれからという状況ですが、先進国も途上国も一緒になって温暖化に立ち向かっていこうというのがとてもいいと思います。
採択された時の映像がニュースで流れてましたが、その瞬間の和やかな雰囲気がとても素敵で、争いのニュースばかりで沈んでいた心が癒される気がしました。
信頼関係を築くための最良の方法は、共通の目標に対して一緒に向かっていくことではないかと思います。ISの人たちとも Climate Change という共通課題に一緒に取り組むことができればいいなと思います。COP21に対しては何も事件が起きなかったのはISの人たちも「この会合は邪魔しちゃいかん」と認識してくれているから、だったらいいのですが。

ゴールとなっている2050年に自分は生きているかどうか五分五分といったところですが、わずかでもやれることはやりたいと思うわけです。そして、焙煎屋として何が出来るだろうかと考えるわけです。

letefoho coffee cherry

Roast Magazine によると、COP21でConservation Internationalというアメリカの環境NGOがコーヒーを最初のサステイナブルな農作物にすることへのチャレンジ(Sustainable Coffee Challenge)を呼びかけたとあります。
Conservation International Leading Broad Global Framework for Coffee Sustainability | Daily Coffee News by Roast Magazine

そのConservation Internationalによるとコーヒーの40%は Sustainbaleな農法で作られているそうです。しかし、Sustainable Coffee として販売されているのは12%だけということです。また Sustainable かどうか購入前にチェックする消費者は52%だそうです。
Wake up: You need sustainable coffee | Human Nature – Conservation International Blog

これらのパーセンテージをあげていくことを “Sustainable Coffee Challenge” と言っているのだと思います。

焙煎屋がまずできることというと、「Sustainable Coffee として販売されているコーヒーの割合12%」を増やす取り組みだと思います。
Sustainable なコーヒー生豆を積極的に仕入れることや、Sustainable なコーヒー豆であることをお客様にしっかり伝えていくことが挙げられます。
そうすればSustainabilityに関心を持つ人(上記52%部分)も増えてくるんじゃないかと思います。それでニーズが増えれば、需要と供給の関係から、Sustainable な農法によるコーヒー生産(上記40%部分)も増えると期待できます。

12%,52%というのはグローバルでの数値で、日本国内に限るともっと低いように感じています。
「Sustainable Coffee へ関心のあるお客様が多くない」 → 「取り扱っても売れない」→「取り扱わない」→「関心のあるお客様が増えない」→「最初に戻る」、のスパイラルになってしまっているように感じます。
このスパイラルを打破するための取り組みを地道にやっていきたいと思います。