コーヒー豆の収穫時期、クロップの記載について

コーヒー豆の商品名や商品説明に14/15や15/16というクロップの年度を記載していました。
これは、仕入元からの情報をそのまま記載していたのですが、仕入元によって解釈が違っていてややこしいのです。

コーヒーの年度では 15/16とは2015年10月から2016年9月までの期間を差します。
この間に収穫されたコーヒー豆を15/16と表記するのですが、仕入元に寄っては2015年5月に穫れた豆が2016年1月に入ってくるような場合も 15/16 と主張したりすることもあります。

これでは、一貫性を欠いてしまいますので、当店では今後は以下のように極力統一していくことにします。

・商品名においては、2015年10月~2016年9月に収穫された豆を15/16と表記する

(例) インドネシア リントンニフタ 15/16

・収穫時期が2015年7月~10月のように年度をまたがる場合も15/16と表記する

※年度の変わった10月以降も収穫されているので特に問題ないと思います。

・商品名は上記クロップ表記で書きますが、商品説明内ではできるだけ収穫時期を調べて年月で記載する

(例) 収穫時期: 2015年6月~9月

入港時期を書いているコーヒー屋もあるのですが、2年前に収穫された豆が先月入港するようなケースではあまり意味が無いように思いました。
とりあえず、当店では上記のようにやってみたいと思います。
今後入ってくるものから適用していくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。

カテゴリー: POST

コーヒーセッション(ハンドドリップ抽出編) 2月開催のご案内

2月の「コーヒーセッション (ハンドドリップ抽出編)」の開催日程をお知らせします。

日にち: 2/9(火), 2/23(火)

時間: 10時-11時,14時-15時の1日2回開催です。

既にセッションのページから申し込み可能となっていますので、よろしくお願いします。

イベントのお知らせはニュースレターでもお知らせしています。よろしければコチラからご登録ください。

ハンドドリップ

ハンドドリップで実際に淹れていただく内容になっています。

コーヒー豆「ケニア タンバヤ 」販売終了のお知らせ

ケニア タンバヤ 15/16 は明日(1/25)に焙煎した分が無くなり次第、販売終了となります。

当店では焙煎から7日後までを提供期間としていますので、完売しない場合も2月1日で販売終了となります。

どうぞ最後までよろしくお願いします。

enging soon (間もなく終了)

間もなく終了です。最後までよろしくお願いします。

コーヒーで温まることはできるのか

先週ぐらいから寒い日が続きますね。

明日は数十年ぶりの大寒波が来るというニュースもあり、警戒されているかたも多いのではないでしょうか?

そんな寒さにコーヒーで対峙できないかと思い、ネットの情報を調べてみたのですが、どこのサイトを見ても、ネガティブよりの情報が出てきます。

コーヒーといえば温まるイメージを持っているかたもいらっしゃると思います。
たしかに、熱いコーヒーが入っている容器に触れたり、熱いコーヒーが体に入ったりすると、その時は体感的に温まります。しかし、その後はカフェインの利尿作用によって冷えていくということが判っており、「体を冷やす飲み物」側に含まれることが多いです。

カフェインの影響なので、コーヒーだけでなくお茶も同様ですが、紅茶はポリフェノールに温め効果があるので、むしろ「体を温める飲み物」に含められています。

とはいっても、このブログを見てくださっているかたなら、きっと「紅茶よりコーヒー派」に違いないと思います(^^)

そこで、コーヒーで温まるのは難しそうですが、せめて、コーヒーを飲んでも冷えにくくする方法をと思い、以下の2つを考えてみました。

1671c5f1602f851f9b56ae0fd08104c6_s
(1) 白い砂糖は使わない

精製された白い砂糖(グラニュー糖、上白糖など)は体を冷やすそうです。ただでさえ体を冷やすと言われているコーヒーにそういった砂糖を入れると、より冷えてしまいそうです。
砂糖を入れるなら黒糖など精製されていないものに変えてみてはいかがでしょうか。
当店でも、マスコバド糖、ココナッツシュガーを扱っていますが、マスコバド糖は癖が少なくて合わせやすいと思います。

マスコバド糖

フィリピンのネグロス島で作られている黒砂糖です。

(2) 体を温めるものをコーヒーに加える

ココアパウダー、シナモンパウダー、ジンジャーパウダーなどは体を温めると言われており、かつ、コーヒーに付加するものとして比較的ポピュラーです。
これらを加えると、先述しました紅茶におけるポリフェノールのように、カフェインによる冷やしをオフセットすることが期待できます。

以上ですが、ブラックでしか飲まないかたには何の役にも立たないですね(^_^;)
苦しい展開となってしまいましたが、冷えをしのぐ一助となれば幸いです。
-shared-img-thumb-150912275732_TP_V

コーヒーラブ – 余ったコーヒー豆の使い道

【中途半端に余りませんか?】

コーヒー豆を買って飲んでいると、重量で測るにしろ、体積で測るにしろ、最後に中途半端な量のコーヒー豆が余ることは往々にしてあると思います。
使用済み(出がらし)のコーヒー豆の使い道については、よくネットなどでも見かけます。当店でも、電子レンジの消臭に使う方法を紹介したりしました。
一方で、中途半端に余った未使用コーヒー豆の使い道については、あまり見かけないように思います。

【一般的な対処方法】

一般的な対処としては、余りそうになったら 使用する豆の量を増やして、いつもより多く淹れたり、いつもより濃く淹れたりすると思います。
これは、余った豆の使い道では無く、「余らせない」ですよね。
次によくやるのは、新しく買ったコーヒー豆とブレンドすることだと思います。意外に美味しいコーヒーになって、喜んだりしたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
ここまでは、敢えてこのブログで紹介する必要もない、誰でも思いつくことだと思います。

【コーヒーラブ】

そこで、今回紹介するのがタイトルのコーヒーラブです。
COFFEE LOVE では無く、COFFEE RUB ですので、RがLにならないよう、かつ、BがVにならないように発音してください(^^)
COFFEE RUBとは挽いたコーヒー豆を主原料に使ったシーズニングで、牛、豚、鶏などを焼く時に肉の表面にすりこんで使います。
塩コショウが一般的な日本ではマイナーですが、アメリカでは結構ポピュラーのようです。
コーヒーラブ (COFFEE RUB)

今回はコーヒー豆 6g, パプリカ 1.5g, 塩 1.5g, ココナッツシュガー 3g で作ってみました。

シーズニングの配合は様々です。自分は長い間、シンプルにコーヒーと塩だけでやってましたが、最近は砂糖やパプリカも入れてます。
coffee rubbed steak や coffee crusted steak などでググれば、いくつかレシピが出てきます。それらを見てるとチリやブラックペッパーなどのスパイスもよく使われるようです。
神戸なら様々なスパイスが手軽に入手できるので、いろいろ混ぜてみて自分の味を作っても楽しいと思います。

問題は見た目が美味しそうに見えないことです。焼きすぎて表面が焦げた肉にしか見えません。
だから、完成したステーキの写真は敢えて載せてません。いつか奇跡的に美味しそうな写真が撮れたら載せようと思います(^_^;)

コーヒー豆5gほど残ってれば他のスパイスや調味料と混ぜて、150gぐらいのステーキに足りるぐらいのシーズニングが作れますので、ちょっと余ったという時にいかがでしょうか。

以上、中途半端に残ったコーヒー豆の活用方法案、コーヒーラブでした。

モカジャバ レシピ (牛乳使用バージョン)

昨日ぐらいから急に寒くなりましたねが、お元気にお過ごしでしょうか?
天気予報によると来週はさらに寒くなるらしいです。
急に寒くなると、普段、コーヒーはブラックでというかたも、ココアを欲しやしないでしょうか?
(自分は欲します!心より体が欲する感じです。)
そんなわけで、昨年書いたモカジャバレシピを牛乳使用バージョンに直して公開することにしました。
前回を見てない方もいらっしゃると思いますので、改めて書きますが、ここで言うモカジャバとは、モカ(イエメンもしくはエチオピア)とインドネシアのブレンドコーヒー豆ではなく、コーヒーにココアを入れたアレンジコーヒーのひとつです。

モカジャバ

ココアはあったまりますよね

一昔前は日本の喫茶店で見かけることがありましたが、最近はめっきり目にしなくなりました。
どちらかというと、カフェモカのほうをよく目にするように思います。
カフェモカも似たようなアレンジコーヒーですが、一般的にはエスプレッソを使用します。
エスプレッソが要るとなると一般のご家庭ではハードルが高くなるので、紹介するならモカジャバだと思った次第です。
にもかかわらず、以前に紹介したレシピはクリープという特定商品に依存してましたので、あまり一般的では無かったと反省しておりましたm(_ _)m
代替としてはスキムミルクが簡単だったのですが、牛乳のほうがより一般的だと思いましたので、牛乳版を作ってみました。
大変に前置きが長くなりましたが、そのレシピ(下の写真)です。
モカジャバ レシピ

レンチンで、簡単、楽ちん

コーヒーはイタリアンロースト、フレンチローストといった極深りがいいと思います。
砂糖は6g(スティックシュガー2本分)としていますが、かなり甘さ控えめですので、お好みで調整してください。
ホイップが乗ってることがよくありますが、個人的にはぬるくなる感じが嫌いで入れません。お好きならどうぞ。
とても簡単なので試してみてください。あったまりますよぉー。
モカジャバでポカポカした週末を(^^)

ベーグルの食べ方をアップデートしました

今日から店内掲示用、および、配布用の「ベーグルの食べ方」をアップデートしました。

元々は「外カリ、中モッチリを味わいたい方」「モチモチな食感を味わいたい方」というのがあったのですが、それらを消して写真の2つに絞ってしまいました。

モッチリやモチモチといった文言を抹消しました。

モッチリやモチモチといった文言を抹消しました。

開店当初は、幅広い嗜好に対応できるようにしたかったので、「モチモチ」を好まれるかたにも受け入れてもらえるよう、「モチモチ」の食べ方も書いておりました。

でも、書いているとそれにしたがって「モチモチ」させたベーグルをお召し上がりになるケースを増やしてしまいます。

「モチモチ」も人によってニュアンスに違いがあると思いますが、餅、ポンデゲージョなどの食感を「モチモチ」と表現するのなら、ベーグルはそうでは無いと思います。

「モチモチ」したパンなら他のパンでいいように思います。
うちのベーグルはベーグルらしい「ムギュッ」とした食感で食べてもらいたいとあらためて思い、削ることにました。

どうぞよろしくお願いします。