コーヒー豆: インドネシア リントンニフタ 16/17

【基本情報】
エリア スマトラ島北部 リントン ニフタ地区
標高 1,300m
生産者 小農家
収穫時期 2016年10月~2016年12月
加工方式 ウェットハル(スマトラ式)
品種
認証

「マンデリン」とはそのまま特定のコーヒー生産地を表す名称ではなく、スマトラ島北部で生産されるアラビカコーヒーの総称です。そのため、マンデリンの生産地は広大なスマトラ島北部に広がり、小規模農家からの集約によるバラツキが発生し品質管理が難しくなっています。
スマトラ島 トバ湖

そんな中、スマトラ島北部 リントン・二フタ地区に限定したコーヒー豆を集め、吟味を重ねることで、高い品質を実現・維持しています。

スマトラ式

ルワンダコーヒーのポテト臭

ジャガイモ(ポテト)

当店ではルワンダのコーヒー豆を積極的に扱っており、これまで、コパカマスカイヒルウィメンズと数種類を提供させていただいています。

この記事を読んでくださってる方の中にも、飲んでいただいた方がいらっしゃるかもしれないですね?
ありがとうございます( ´∀`)

さらに、もしかするとその中には、他のコーヒーには無い、生のジャガイモのような変わった香りを感じられたかたがいらっしゃるかもしれません。

今回はその香りについてです。

【ポテト臭の発生経緯】

これはルワンダに生息するアンテスティアというカメムシの一種が関係していると言われており、以下の流れで、ポテト臭につながります。

  1. カメムシがコーヒーチェリーの汁を吸う
  2. 唾液を介して細菌がチェリーに侵入
  3. チェリー内部の豆の表面で増殖して異常発酵を起こす
  4. メトキシピラジン類という香り成分が生じ、これがポテト臭を発す

ポテト臭というと何かカワイイですが、一般的にはコーヒーにとっては好ましくない臭いです。

それにしても、カメムシという奴は、屁が臭いだけかと思いきや、こんな臭く仕方もあるとは、なかなか厄介ですね(;´∀`)

【ポテト臭の抑止策】

厄介なことに日本に届く生豆の状態では、見分けがつきません。

したがって、生産地(ルワンダ)側で以下のような対策が必要になります。

  • カメムシからコーヒーチェリーを守る
  • カメムシに汁を吸われたっぽいコーヒーチェリーを取り除く

しかし、品質に定評のあるルワンダの生産者をもってしても、それらを完璧にやり切るのは困難で、稀にポテト臭の原因になる生豆が混ざってしまうのが現状です。

当店で提供しているルワンダのコーヒー豆においても、そのような豆が混ざる可能性がゼロではありません。

ご理解&ご容赦いただけますと助かります。

カメムシ

これはアンテスティアでは無い、写真ACでダウンロードしたカメムシの写真です。

コーヒーナッツグラノーラ

コーヒーグラノーラ

【商品の説明】
ココナッツシュガーのコクのある甘さがアーモンドにマッチしたビスコッティです。
【原材料】
オーツ麦、ナッツ類、ココナツシュガー、菜種油、コーヒー豆
【アレルギー表示】

自家焙煎コーヒー(液 & 豆)を使ったグラノーラです。
コーヒー豆とナッツ類は、その時によって変わります。
店頭でお知らせしておりますので、ご確認ください。
(落花生は使用しません。)

ベーグル取り置き終了のお知らせ

長きに渡って提供しておりました、ベーグルの取り置きサービスですが、5月29日(月)お渡し分をもって、終了させていただきます。

また、取り置きが無くなる事によって、事前にベーグルのメニューを決めてお知らせする必要が無くなりますので、6月はランダムに作る予定です。

ただ、ご来店いただくまでラインナップがわからないというのは不便だと思いますので、できる限り、前夜には翌日のメニューを更新するつもりです。

どうぞよろしくお願いします。

ご不便をおかけし申し訳ございません

カテゴリー: POST

「レーズンサンド」にコーヒー

御茶ノ水 小川軒のレーズンウィッチとカフェラテ

【今回のパートナー】

レーズンサンドが大好きです。

毎月必ず一度はどこかのレーズンサンドを2つ買って、1つはラベルに記載されている保存方法、もう1つは勝手に冷凍して、2通りを楽しんでます。

そんな状況なので、いつでも、ペアリングは試せたのですが、どうせならマルセイでと思ったら、神戸になかなか来ない(;´∀`)

なんとか、姫路でゲットしましたので、今回は満を持しての「レーズンサンド」です。

【合わせるコーヒー】

コーヒーは以下の3種類の焙煎度で用意しました。

・ハイロースト(中煎り) 「東ティモール レテフォホ

・フルシティロースト(深煎り)「フルシティブレンド

・イタリアンロースト(極深煎り) 「コロンビア モンターニャネバダ

レーズンサンドとコーヒー

【ペアリング結果】

「1位 イタリアンロースト、2位 ハイロースト、3位 フルシティロースト」となりました。

・イタリアンロースト・・・こってり&しっとりした生地と甘いクリームには、やはりビターなコーヒーがピッタリ。

・ハイロースト・・・甘酸っぱいレーズンにハイローストの酸味と香りがマッチ。

・フルシティロースト・・・全然問題ないのですが、上2つが良かったので第3位に。

【まとめ】

幅広い焙煎度のコーヒーに合う、コーヒーととても相性のいい洋菓子といっていいと思います。

コーヒー豆とレーズンサンドのギフトセットなど素敵ですね!

うちでもギフトシーズン等に用意したいところですが、さすがにレーズンサンドまで自作するのは難しいです。

「うちが作ったろか!」ってかた、いらっしゃいましたら、お声がけくださいまし( ´∀`)

白十字さんのオペラレーズンサンドとマンデリン

コーヒー豆: ティモールブレンド (Timor Blend) 2017

【ブレンドの配合】

東ティモール レテフォホ (フルシティロースト) 70%
インドネシア マンデリン リントンニフタ (フルシティロースト) 30%

【ブレンドの背景】

ティモール島を分け合う2つの国、東ティモールとインドネシアのブレンドコーヒー豆です。

1975年にインドネシアが東ティモールへ軍事侵攻して以降、ティモール島では多くの血が流されました。

日本も米国などとともに当時のインドネシア スハルト政権を支援しており、決して無関係ではありません。

2002年の東ティモール独立(主権回復)から15年になろうとしていますが、戦争の遺恨は根深いものがあると思うのです。

戦後72年目となる現在の日本と中国、韓国、ロシア、アメリカ等との関係を見れば、そう思えます。

そういうわけで、東ティモール-インドネシアの間に平和な関係が続くことを願って、両国の豆を同量ずつブレンドしています。

timor island
© www.freeworldmaps.net

ティモールブレンド提供(5/19,20)のお知らせ

今年も東ティモールの独立記念日(主権回復日)5月20日を記念し、恒例のティモールブレンドを提供します。

提供期間は5月19日(金),5月20日(土)の2日間限定です。

5/20に独立(主権回復)記念日を迎える東ティモールのフェアトレードコーヒーインドネシア マンデリンブレンドです。

200g 900円での提供となります。

どうぞよろしくお願いします。

フェアトレードチョコあります。奥に。

フェアトレードチョコ 2種あります

5月は世界フェアートレード月間です。

また、(既に過ぎましたが)5月第2土曜は世界フェアトレードデーでもあります。

そんな時期ですので、他の月より、フェアトレードの商品へ関心を持ち、お探しの方が少し増える傾向があるように感じます。

フェアートレードの食品として、コーヒーの次に思い浮かぶのはチョコレートではないでしょうか?

当店でも2種類(写真)を扱っていましたが、気温が25度を超えるようになったため、冷蔵庫に移してしまいました。

どちらも賞味期限は来年で、販売可能ですので、もしご要望があれば、お問い合わせください。

ただし、気温が25度を超えるような日は、持ち帰る間に溶ける可能性がありますので、保冷バッグなどご用意いただく事をオススメします。

コーヒー豆2種類(東ティモール レテフォホルワンダ ウィメンズ), マスコバド糖, 雑貨といったフェアトレード商品はいつもどおり店内にあります。

買い物は選挙のような物で、味や価格だけが選ぶ基準では無いと思います。

とはいうものの、味や価格の面でも納得していただけるものを揃えているつもりですので、よろしければ( ´∀`)