コーヒー豆: ミャンマー ピンウールウィン (Myanmar Pyin Oo Lwin)


【基本情報】
エリア マンダレー地方シャン高原
標高
生産者
クロップ 14/15
加工方式 ウォッシュト(水洗式)
品種 SL34, S795
認証

アジア最後のフロンティアと言われるミャンマーのコーヒーです。
ミャンマーでのコーヒー栽培は、1885年に宣教師によって始められましたが、ロブスタ種でした。アラビカ種の栽培は1930年にシャン州から始められました。
シャン州に代表される北部の高地では肥沃な赤土と程度な降水量が高品質なアラビカコーヒーを生産するポテンシャルを秘めており、世界の注目の集めています。
ミヤンマーのコーヒー豆

ピン・ウー・ルウィンとはミャンマー北部マンダレー地方シャン高地にある都市です。イギリス植民地時代、避暑地として開発されたため英国風の町並みが残っています。
ピンウールウィン