コーヒー豆: パプアニューギニア トロピカルマウンテン


【基本情報】
エリア
標高 1,500m~
生産者
クロップ 14/15
加工方式 ウォッシュト
品種 ティピカ, etc.
認証

パプアニューギニアのコーヒー栽培は1920年代後半にジャマイカのブルーマウンテンが植えられてスタートします。

インドネシアと隣接していますが、文化的にも民族的にもインドネシアとは異なり、コーヒーもマンデリンとは全く別物です。コーヒーの生産形態は農園によるものと小農家から集めるものの両方があります。

CIC (Coffee Industry Corporation)

トロピカルマウンテンは、パプアニューギニアの政府機関であるCIC (Coffee Industry Corporation) と日本の商社との共同プロジェクトによて作られているコーヒーで、形態としては小農家型です。
一般的には農園に比べ生豆の品質にバラツキが出ると言われる小農家型ですが、トロピカルマウンテンでは外部業者に委託しての品質監査や、「標高1,500m以上」といった独自の厳格な基準を取り入れることによって、品質を安定させることに成功しています。
パプアニューギニア トロピカルマウンテン

商品名にもなっている「山」。そしてたくさんのコーヒー豆が収穫されている様子を、山頂からコーヒー豆を噴火させることで表現しています。また民族模様を連想させる柄を山に入れることで、「秘境地の山から届いた豆」を表しています。