コーヒー豆: ルワンダ スカイヒル 16/17


【基本情報】
エリア ニャマシェケ地区
標高 1,700-1,900m
生産者 小農家
収穫時期 2016年3月~6月
加工方式 ウォッシュト
品種 ブルボン
認証 レインフォレスト・アライアンス認証

ルワンダのコーヒーは1904年にドイツの宣教師によってもたらされますが、植民地支配していたベルギー向けの低級なものが大部分でした。

ジエノサイド(1994年)後に国の復興とともに大きく発展をとげ、現在では世界的にも高い品質のコーヒーを産み出す優良生産国となっています。

「千の丘の国」と呼ばれるルワンダの地形や気象条件が、良質のコーヒーにつながっていると言われています。

ルワンダ スカイヒル コーヒーツリー

また、近年ではウォッシングステーション(CWS)の建設が進んだことが品質向上に寄与しています。

一般的に、コーヒーチェリーの栽培から生豆へ加工するまでの一連の作業を各農家がやると、農家毎にバラツキが出やすくなります。

しかし、農家から集めたコーヒーチェリーをCWSで一括加工することで、バラツキを軽減することができます。

18ものCWSから最も出来が良かった生豆を厳選したのが、このスカイヒルです。

ルワンダ スカイヒル コーヒー豆のハンドピック